読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆめのかけら

ついに岸くんの沼に落ちた。@ki_tuuu

ジャニワで岸くんを見たらその輝きっぷりにわたしの心のスカウターがぶっ壊れた話

ジャニワに行ってきました~~~!!!!
色々な都合で博多座にも梅芸にも行けずレポを読んでは悶々としていたのですが、どうにかこうにか10/21(金)の梅芸にインしてきました~~!!!これが岸くんの担当になってから初めての現場!!担当就任してから6日、まさか自担の現場にこんなに早く行けるとは思ってもいなくて、いやはやオタク冥利につきますね。嬉しい限りです。

 

 

ところで、皆様『スカウター』ってご存知ですか?
きっとわたしと同年代となるアラサー世代の方、そして男兄弟がいらっしゃる方はご存知かとは思いますが、『スカウター』とは『ドラゴンボール』に出てくる1アイテムでして。フリーザ軍が持っている道具なのですが、詳細は以下Wikiより。

『通信機能と生体探索機能を兼ね備えた装置で、モノクル(片眼鏡)に似た形をしている。片耳に取り付け、付属する半透明の小型スクリーンに、生体の戦闘力を数値化した情報や、その対象への方角や距離が表示される。』ドラゴンボールの道具 - Wikipedia

まぁつまりは、相手の戦闘能力等を計れる眼鏡的なものですね(雑)。どこかで目にした事があるかもしれませんが、こんな↓やつですねかっこいい!!緑の液晶部分で相手の情報を確認します。

f:id:RiSA_JNZ:20161023211158p:plain



そして注目すべきスカウターの機能はここ。

『相手の潜在能力(気を抑えられた状態)までは探れず、あくまでも測定時点での戦闘力しか表示されない。それ故にこの機械に頼ることで、相手によっては変動する戦闘力数値に惑わされることもある。』
『対象の戦闘力が高い場合、処理能力の限界から爆発を起こす。鳥山明によると「漫画用の派手な演出であって本当はデジタルなのでありえないが、アナログ的に言えば猛烈に上昇するカウンターが追いつかなくなって故障してしまう感じ」』ドラゴンボールの道具 - Wikipedia

ふむふむなるほど。スカウターは相手の潜在能力は計れなくて、相手の戦闘能力が高い場合には測定不能となり爆発する、と。

 

 

 

ジャニワに行かれた岸くん担当の方々のレポでは「舞台に立つ岸くんの輝きがヤバい!!泣」といった内容がよく書かれていて、いやいやそんな!!コンサートやイベントと変わらないでしょ??大袈裟だな~~!!!なんて、すこーしだけ思っていたんです。(すみません)

 

 

でも、わたしはまだ何も知らなかったんです……。ほんとただの岸担初心者だったんです………。

 

 

わたしの心のスカウターは、舞台に立つ岸くんの計り知れない潜在能力を測定できなかったが故に、ここぞの輝きを梅芸で放った岸くんによって測定不可となり見事爆発しました…………。

 

 



今回のジャニワは9/19~9/30が福岡・博多座、10/8~10/25が大阪・梅田芸術劇場という地方公演スケジュールで、ほぼ休演日もなく連日ぶっ続けで上演されています。わたしが見に行ったのはもうほぼほぼ終盤だったのですが、最近では「岸くんの体調が良くなさそう」「顔が死んでる」なんて心配になるようなレポも目にしていて。出演者の体調や機嫌に関するレポについては、自分の目で見ない限りは信じないようにしているんですけど、それでも連日公演で疲れが出てくる頃だし、自分が入る回で多少疲れていてしんどそうでも仕方ないと思っていました。(きっと出演者側だってそんな構えて見て欲しくないというのは分かりますし、あちらだって100%元気な状態で完璧なものを届けられるのが理想でしょうけどね。舞台だからこその面白味がありますよね色々と。)

 

 

そんなこんなで期待半分、そわそわしながらも指定された席でオープニングを待ちました。近くの通路を子役の子が通って、ああジャニワだ…ジャニワが始まるんだ…と感慨深くなって。


オープニングから程なくして、少しだけ緊張した面持ちで登場した岸くん。金色の衣装がなんとも華やかで素敵でした。颯爽とセンターでダンスを決めた後、赤のスーツに身を包んでジャニワ恒例の「NotEnough」を披露。オープニングから「NotEnough」まではパフォーマンス区切り単位で言えば4個、合計15分とかそんなものかな?岸くんが出ていた時間で言えばものの10分程度だと思います。

 

「NotEnough」では長い手足を存分に活かしたダンスを披露した岸くん。掛け声の「shout shout go now!」もよく聞こえてきて。緊張も少しずつほぐれて笑顔を見せ始めて、「獣になって~♪」では大きな掌でガオーと獣ポーズを披露。そして最後のキメポーズでの笑顔………。

 

 

岸くんが登場してから「NotEnough」までの間にみるみる上昇した数値は 

f:id:RiSA_JNZ:20161023224257p:plain

岸くんの輝きレベルが高すぎるあまり、爆発……。

 

 

いや待って!!!
その笑顔は反則だから!!!
岸くんめっちゃ輝いてる…泣
もうわたしは(心の)涙が止まらないよ!!!泣

 


やー、岸くんのあの輝きはなんでしょうね!!!!よく美容雑誌とかで「内側から輝く」とかって聞きますけど、岸くんのあれは別の意味で内側から輝いてましたね!!「楽しい!」っていう感情と共にグングン輝きが増していく岸くん、そして、演技シーンではセリフや動きに緩急をつけて、ここぞ!の感情を爆発させる岸くん。最高でした。本当に最高でした。完全に舞台上で生きてました。人によっては”舞台”というものが合う・合わないってあると思いますけど、岸くんは完全に前者でしたね。舞台がよく似合っていました。


アイドルの輝きを直視すると精神的にやられそうになるので(やられたらしばらくはその人の事しか考えられなくなる病気が発動w)、極力その輝きを避けるように直視しないように心のスカウターをつけて構えて行くのですが。

 

今回はダメでした…。岸くんの輝きは、凄かった。


たぶんこれまで見てきた中でも上位に入る程のキラキラっぷりでした。本当に輝いていて何度か目をこすってしまったwああもう当分は岸くん岸くんしていますわたし…軽率に拗らせるやつだわーこれ…。

 

 

 

やーーー、皆様も自担の輝きには要注意ですよ!!!!簡単にこちらを殺しにかかってきますので!!!!!!!皆様の心のスカウターでは計れない潜在能力を備えた戦士ばかりだと思うのでジャニーズは!!!!わたしはそんなジャニーズが好きだーーー!!!!岸くん好きだーーーー!!!!!!

 


最後のLGTE~HiHiがもう最高すぎて、あれ見たら幸せな気持ちで劇場を後に出来ますね。やっぱりジャニワのトンチキ意味不明っぷりな世界がわたしは好きだし、今回の舞台を見てああ岸くんの担当になって本当に良かったな~と思いました。ジャニワ岸くんの感想覚書はまた別で書こうと思いますw