ゆめのかけら

岸くん可愛い妖怪です。@ki_tuuu

可愛すぎる生き物・岸優太くんについて

わたしの自担はSexy Zone中島健人くんなのですが、もう一人、自担と言ってもおかしくないぐらい好きで応援している人がいます。それが、ジャニーズJr.で、グループ「Prince」の一員として活躍している「岸優太くん」です。岸くんへの担降りについては正直何度も考えた事がありますが、健人くんはいつでもここぞ!のタイミングで必ずK点越えをしてくるので、生憎「完全に岸くんに担降り」は現時点ではありません。と言いつつも、岸くんには結構ガッツリハマってて、岸くんのステージ見たさにいくつか現場に入ったりしています。ほぼほぼ担当です。


そんな岸くんについて、この場で改めて書き記したいと思ったので記事にしてみました。

岸くんの沼は、深いぞ…!!

f:id:RiSA_JNZ:20160904213337j:plain

↑日テレ「PON!」今日のおとなりJr.のコーナーに出演した時の岸くん。PON!ポーズが可愛すぎてしんどい。f:id:RiSA_JNZ:20160904213359j:plain

↑その時の宣材写真。盛れてる…!!可愛い…!!!!!!

f:id:RiSA_JNZ:20160904213448j:plain

↑その時に流してくれた岸くん主演のドラマ「お兄ちゃん、ガチャ」時代の岸くん。トイくんとしてのパフォーマンスも最高でした!!!!



1.岸くんを知ったのは

以前から岸くんの名前や存在は存じ上げていたものの、個人的にきちんと岸くんを認識したのはキンプリが結成された頃だったと思います。セクゾ界隈にいながらもしばらくはガチで健人くんだけを追っていたので、バック事情とかはよく分かってなかったんですよね……今振り返るとなんて惜しい事をしていたのかと悔やんでも悔やみきれません!!!!!!!!!

 

2.岸くんにハマった経緯

正直そこまで岸くんのお顔がタイプではなかったので(おい)雑誌をペラペラめくってそこに岸くんがいても目に入ってこなかったのですが、そんなわたしが岸くんにハマるきっかけとなったのは昨年度のサマステキンプリ特別公演。運良くチケットを手に入れ見に行ったら、驚くほど岸くんに釘付けになっていたんですよね。おかしいな、初めは「生れんれんかっこよーーー(;;)!!!やばいわあの前髪と流し目はリア恋枠だわーーーー(;;)!!!」と心の中で叫んでいたのに(当時はれんれんファン)、気付けばもう無意識にずーーーーっと岸くんを目で追ってました。
わたしが入った時、キンプリメンバー(現Princeメンバー)である岩橋くんの声の調子が良くなくてですね。キンプリ公演では各々ソロ曲を披露していて、岩橋くんは中島健人くんの「CANDY」を披露する予定だったのですが、声が満足に出ない岩橋くんのサポートとして、急遽歌詞カードが挟まれたバインダー片手に、サポートとして颯爽と出てきた岸くんに度肝を抜かれまして。えっ?!こんなハッピーなアイドルソングを、バインダー片手に特に愛想を振りまくでもなく淡々と歌っちゃうの!??!?!\らぶいわちー♡/コールもすんごい棒読みでキラッキラの世界観をぶっ壊しにかかってるみたいだけど大丈夫?!?!って。もうほんと、面白くて楽しくて愉快で。グループのピンチを自らチャンスに変えてくる男ですよね。たぶん、岸くんに落ちたのは「バインダー片手のCANDY」を見たからだと思っています。そんな人、他にいるのか…?
岸くんのソロ曲「Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~」の歌もダンスもかっこよくて、その一生懸命な姿に心を奪われました。鋭い目ヂカラと綺麗なターン、そして独特の可愛らしい声がなんとも印象的で。公演中は、えっそこまで目に力入れなくてもよくない?顔怖くね!?って少しハラハラしていた部分もありました。(でもきっと、当時の岸くんとしては、ここぞの頑張り時だったんでしょうね。今振り返ると本当に愛おしいです。)その目と、顔を正面に向けたまま軸がブレることなく華麗に綺麗なターンを決めていた事。声が思った以上に高くて可愛かった事。公演が終わればすっかり岸くんが頭の中を占領していました。健人くんの時と言い、わたしは完全にパフォーマンス厨ってやつですね。ええ、自覚あります。
その後は岸くんが出ていたドラマを片っ端から見て、雑誌もチェックして、当時放送されていた「ガムシャラ!」や「少年倶楽部」を見て…と、どんどん岸くんにハマっていきました。知れば知る程可愛いんです。

 

3.岸くんの好きなところ

岸くんの存在自体が可愛くてたまらない末期状態なのでその魅力と言いますか好きなところは語り尽くせないんですけど、以下箇条書きでその魅力をあげていこうかと。

・圧倒的なパフォーマンス力
パフォーマンスがとにかく凄いんですよね。長い手足と鍛えられた体幹と、天性のリズム感(少しズレる時もあるけどそれもなんか独特なポイントでリズム取ってるのかなって)で、圧倒的なパフォーマンスを魅せてくれる。そしてその裏では、並々ならぬ努力がある。岸くんはきっと、努力の人だと思うんですよね。「努力する、努力できる」という才能がある人。自他ともに認める「フリ覚えの悪い」岸くんが、ステージ上で完璧に踊る姿は圧巻だし、またそこに裏での努力を感じさせない所が尚良いんですよねぇ。あとは、これまで何度か岸くんのパフォーマンスを見てきましたが、岸くんはステージやパフォーマンスに対して一切の妥協や手加減やなれ合いが無いんですよね。だから、本人がどれだけ疲れてようと、しんどそうでも、必ずそのパフォーマンスでこちらを満足させてくれる。自分がマイクを握った時の「歌で魅せる事」と「曲に対する表現力」が今後の課題かなとは感じていますが、1年前の映像を今見るとびっくりするほど成長したな…!と感動するので、きっと岸くんの事だから知らぬ間に色々習得して成長していくんだと思います。岸くんが真っ直ぐ前を向いて歩いているなら不安はありません。岸くんを一瞬も見逃したくないし、今後の成長が本当に楽しみです。

・純朴な心
岸くんの発言内容が驚くほど純粋で純朴で、本当に二十歳超えてる?!とびっくりする事が本当に多いんです。勝手なイメージですけど、芸能界なんてそれこそドロドロした部分もあるだろうに、なんであそこまで澄んだ心のままでいられるんだろうと尊く思います。また、例える事や価値観?が小学生というか幼稚園ぐらいで止まってるのかな?と思えるのもまた愛いですね。岸くんを見てると自分がどれほど汚い人間なのかと思ってしまいますし、それと同時に、こちらには綺麗な部分だけを見せてくれている岸くんを大尊敬しています。

・後輩力、舎弟力
「そっすね!」「まじっすか!」が口癖(?w)で、「ナチュラルよいしょ」が天下一品な岸くんは、特に先輩には好かれまくっているように思います。そして、よいしょがなくても、その「人間力」が凄くて「多くの人と仲良しなところ」も好きです。岸くんの方から寄って行っているのかは分かりませんが、岸くんには惹きつけられるものが確かにあるように感じます。それこそが「人間力」と言いますか。悪口は言わない、人を貶めない、なにかあっても自分に責任があるのかと考える、人の良い所を言葉にする、ひとつひとつに丁寧に向き合う。そういった所が人に好かれる「愛され力」に繋がっているんだと思います。誰かに固着せずに、それでも周囲と上手くやれている辺りも岸くんの凄い所であり、個人的岸くん七不思議のうちのひとつです。

・発言がバカ可愛くて面白い
岸くんは語彙力が少し乏しいように思えるんですけど、だからこそその独特な観点でお話しているその発言が凄く面白いんですよね。例えば、そばにハマっていてそば屋さんを巡っているという事を雑誌で報告してくれたかと思ったら「ずっとかきあげそば一本だったけど、月見そばに手を出したらめちゃめちゃうまくて世界が広がった。最近はたぬきそばも食べている。」とかほんとどうでもいい可愛い事をお話してくれるんです!!!!!しかも聞いて驚けこのそばの話は天下のan・anでしてるんだ!!!!an・an層に向かってそばの話!!!!!はあああ可愛いこんなに可愛い生き物は見た事がないと思うほど岸くんは可愛くてかっこよくて愛おしいよ!!!!!!!!

あとは…
・強い精神力、めげない折れない心を持っている事。
・自分のものさしで周囲の人と付き合える事。
・手足が長い所。
・手の指が綺麗な所。
・仲間思いな所。
・謙虚な所。
ケチ倹約家な所。
適用発言その時々のバイブスを感じられる発言。
・笑った顔が死ぬほど可愛い所。
・私生活が謎な所。
・なんでも器用にこなしちゃう岸くんが実は見えない所で努力している所。
・周りの人が傷つかないように不幸にならないようにと思いやりに溢れている所。
・マリウスと犬猿の仲なくせに実はちゃーんと仲良しな所。
・勝利と健人と風磨の三人が岸くんの取り合いしている所(そして取り合いされている張本人は誰にもなびいてなさそうな所)。
・じぐいわからは冷たく軽くあしらわれちゃう所。
・映画をよく見ていたり、先輩のコンサートや舞台に頻繁に足を運んだり、こちらが把握できる範囲内でもエンターテイメントに対してとても勉強熱心な所。
・ファンに優しい所。「高速真顔ファンサ」なんて言われてる岸くんのファンサですが、「ファンには平等に」と考えてのそれなのかなとか思うとそういう所が大好きなんだよな~~~~とまたわたしの中の岸担が発狂しています。

…………あれ!?!?
岸くんの魅力が無限大で全然語り尽くせないよ…!?!

 

4.未だに鮮明に覚えている岸くんのパフォーマンス
最後に。
どうせ映像には含まれないんじゃないかなと思いつつ、それでもあの時の感動をまたぜひ見たいと思ってる印象的だった岸くんのパフォーマンスがいくつかあって。

・キンプリ特別公演での岩橋くんのCANDY
上記の通り。バインダー片手に\らぶいわちー♡/コールする岸くんはぜひ映像として見たいです!!!!!

・ウェルセク大阪公演での風磨くんのソロ曲「But…」
ウェルセク風磨くんソロ曲ではバックにストンズの4人(森本、高地、田中、松村)をつけていたんですけど、たまたまその日だけこーちくんに別仕事があったのか、こーちくんが不在の時があったんです。それがウェルセク最終日!!そんな時に、こーちくんの代打として出てきたのが岸くんだったんです。これが本当に凄かった…!!!!事前にどれだけ練習したのか分からないし知る由もないけど、こーちくんが不在って事を忘れさせられるぐらい、何事もないかのようにそこにいて、完璧に踊っていたんです。立ち位置も振付も完璧だったし、なんなら「But…」を完全にモノにしてた。それはそれは、圧倒的なパフォーマンスだった。あの時の岸くんの姿は未だに目の奥に焼き付いて離れないです。全ての岸担に見て欲しかったし、そんな岸担に見てもらって更に岸くんの事を好きになってもらいたかった!!!!!

・健人くんソロコンで岸くん1人の「Prince Princess」
岸くんが一人で歌うプリプリは最高でした。ただただ優しい世界がそこには広がっていました。岸くんの声が可愛らしいからこそ、この曲が持つ「王子様感」が増してて。柔らかで優しくて、綿毛のような、純白で優しい世界だった。3人の時と同様に白スーツでスタンドマイクで堂々とプリプリを歌う岸くんは最高の中の最高でした!!!!!(あとどうしても言いたい事として、健人くんソロコンでは腰を振る振付が結構多かったんですけど、岸くんは「狙った」「あざとい」「キャーと言われたい」腰振りじゃなくて、パフォーマンスとしての「かっこいい」腰振りをしていて、それも容赦なくガツガツ腰振ってて、ああああそういう所が大好きなんだよなぁ…!!と腰振る場面を見ては岸くん圧倒的にかっこいいよおおお!!!と一人で熱くなっていました。)

 

なんかこう、岸くんは生きてるだけでこちらに幸せを与えてくれて、歌い踊ってくれればこちらを魅了させてくれて、笑ってる姿を見ては元気を与えてくれて、岸くんの沼にハマるとどうにも日々岸くんに感謝しながら生きてしまうような所があります。岸くん程可愛い生き物は見た事がありません。びっくりするぐらい岸くんの沼は深いんです…!!!ここまで語っておいて岸くんを自担と言わないわたしの精神はやばい気がします。今日も岸くんの幸せを祈りながら、次の岸くんのパフォーマンスを見れる日を楽しみにしています。岸くん今日もありがとう!!!!!!これからも応援してるぞ~~~!!!!!!!!