ゆめのかけら

岸くん可愛い妖怪です。@ki_tuuu

ケンティーソロコンでバタフライに蜜を吸われすぎて溶けた話(健人ソロコン雑記その1)

今年の夏も開催されましたケンティーソロコン!!!!!

その名も#HoneyButterfly』
頭にシャープがついてるよ!ハッシュタグかな?イエーイ可愛いねー!!!ヒューヒュー!!!

 

そんな#Honey♥Butterfly、通称”ハニバタ”の世界では、ケンティーがバタフライ、わたしはハニーとなっていました。生まれてこの方、ハニーなんて呼ばれた事がありません。でも大丈夫!(えっ)気付いたらすべてを受け入れて、自分は立派なハニーとなって、ケンティーバタフライに蜜を吸われまくってました。

f:id:RiSA_JNZ:20160830232937j:plain

 

…という事で、どうもこんばんは。
自担である中島健人くんのソロコンサートを見に行って、すっかり骨抜きにされて帰ってきました。
岸(優太)くんの「健人くんに(蜜)吸われたいですか?!溶けるまで吸われたいですか?!」の煽りの通り、ものの見事にケンティーバタフライに蜜を吸われまくってきました。そして溶けた、きっと。魂は完全にTDCホールに置いてきたし、わたしのハニーエキスが未だにTDCホール内に舞ってると思う。………ふむ、ところで岸くん?「溶けるまで吸われたい」ってなんなんだろう?w吸われてどこらへんが溶けるのかな?wいやああああもうほんとこの煽りの言葉が個人的にツボすぎて思わずタイトルにしちゃいました♡岸くんから飛び出る言葉ってホントらしさ全開でいいですよね…!そしてその言葉通り、健人くんはハニーを溶けるほど愛してくれたように思います。

 

さて、昨年度同様、健人くんのソロコンが終わると健人坦は揃って「健人くんに関するポエムを呟きたくなる」「健人くんへの愛を叫びたくなる」現象が起きているようですが、今回は見事わたしにもその現象が起きていましてwwwwwwwwハヒー!もうすっかりポエマー!一歩間違えれば韻を踏み出してラッパーだよ!wあの手この手でケンティーソロコンの感動を書き記しておこうと謎にアドレナリン大放出で仕事の時以上にキーボードをカタカタ言わせています。

 


今年の健人くんのソロコンは8/3~5の前半戦と、8/23~8/25の後半戦のスケジュールだったんですけど、この夏は本当に幸せな事に前半戦と後半戦と入れたので、後で自分で書いたのレポを読んで自家発電していつでもこの夏のハニバタにタイムスリップできるように、感想やら印象に残っている事を個人的メモとしてばばーっと書いておこうかと思います。あと曲ごとの感想ね!!もうねー今回もセトリが素晴らしくって!!何度だっておかわりバタフライしたい!!!おかバタ!!!!!(おかバタとは?)

(お付き合いいただける方がいらっしゃったら嬉しいですが、無理なさらず…。)

 

 

その1ではセトリの前半部分についてです。レポやら感想やら。どの曲にも思い出はあるんだけど、曲によっては上手く書けないものもあるので、文書量の差はあまり気になさらず。

 

 

※以下コーナー名はわたし自身が覚えておけるように一個人が勝手につけたものですご了承ください

 


01.OP(「Hey Summer Honey」PV)
今回のサマパラソロコン用に作成されたとするOP映像。本人曰く「新曲のPV」だそうです。健人くんがラフなTシャツにジーパンという出で立ちで、TDCホールの客席にいる場面から映像はスタート。新曲の「Hey Summer Honey」通称”サマハニ”に合わせて会場内をぐるっと歩いて楽屋裏でスタンバイする今回のバックジュニア達がわらわら出てきて、最終的に初っ端のバタフライ衣装を身に纏てステージに上がってくる所で映像と現実がシンクロする、というなんとも粋な演出がされたものでした。

ポップアップで飛び出てきた現実のケンティーは青のバタフライ衣装がふわっふわで、そしてバック画面の映像が青い蝶々の羽を羽ばたかせていてほんとうに綺麗で、ここから始まるんだ!!この夏のケンティーはバタフライなんだ!!わたし達はハニーなんだ!!と一気にその世界観へ引きずり込まれます。
個人的にああコンサートらしいなと感じた思い出は、健人くんが映像の中でアリーナから1バルに向かう階段の壁面に蝶々が2匹止まっててその蝶々を指さしてる場面があって、わたしたまたたまその近くに座ってた時に「…え?蝶々なんかついてたっけ?」ってその辺りを向いたら、なんと隣に座ってた見ず知らずの子も同じようにその辺りを見ていてw「…ないですよねぇ~」と二人でクスクス笑ったのが個人的に気に入っている思い出。
このPVは会場限定で見れるものだって言ってたけど、それにしては惜しいほど良い物になっていたから、ぜひまたどこかで見られる事を切に願っています…!!!!

 


02.Teleportation/中島健人
01からの流れで、ポップアップでふわっと飛び出たケンティーが甘い言葉をささやいてからのテレポ!!!後半戦のMCでは「開演10分前にシャワー浴びたからOPから汗だくでwこの人絶対走ってテレポーテーションしてきただろうなーって設定で頑張ってたw」的な話をしていたんだけど、なんかそこからわたしが勝手に妄想を働かせたらw今回は現実世界からバタフライの世界にテレポしてきたって流れを作る為にテレポが一曲目なのかな?とか思ったりwほら前回のソロコンでは記者に追われるスーパーアイドルケンティー様がキメッキメでブラシンを踊りながらお出ましされていたからさw健人くんってほんと面白いぐらい理由づけしているというか、無駄な事がないように作るから、テレポを一曲目にした理由をどこかで話してくれたら嬉しいなー。だって、今回のソロコンで、バックジュニア含めみんな一丸となって真剣な表情で歌うテレポは最高にかっこよかったもん!!!!前回のソロコンとの対比になっちゃうけど、前回は本編最後らへんでここぞの見せ場に持ってきたテレポを、今回は一曲目に持ってきたあたりがなんかこう健人くん本人がこの曲を大切にしてるんだろうなーってのがビシバシ伝わってくる感じがして、一曲目からぐっと来た。というかハニーとして見惚れてた。

 


03.Party Don't Stop/山下智久
「声出していこうぜ~!セィ!」の掛け声と共にパリドン!!
こういう感じ、健人くん凄く好きそう。声質もあってた!!!

 


04.Love yourself ?君が嫌いな君が好き?/KUT-TUN
泣いちゃう曲きたーー!!!選曲最高!!!!
03の終わりに「ララララララビュセッ」って機械音的なイントロから始まるラブユアセルフ、もうなにもかもが健人くんにマッチしていて最高でした…!!!
サビの高音がのびやかでしなやかで、するっと耳に届いて。歌う姿もとても気持ちよさそうだったな。
「不器用な”ぁ~” 君でい~”い~”」「君が嫌いな君を”包むぅうッ”」の感じ、ほんと巧みに歌いこなしていたなぁ。
「It's love , youur love…」で首を左右に振る感じの健人くんの動きが凄く健人くんらしくて好きだった。
確かこの曲でアリーナ前のでっぱり部分に出てきてたように記憶してる。

 


05.Hey Summer Honey(新曲)/中島健人

新曲がほんと最高だったんですよね……最高すぎてしんどい………。
だってこの曲、作詞作曲が中島健人ですよ?!?
健人くんが作り出したメロディーが、凄くキャッチーでアイドルソング感全開で!!
耳障りのいい音とリズム、高めで伸びやかなメロディ、夏と海と透明感を感じさせる曲の雰囲気、楽しそうな健人くん。ほんと夏らしく透明感もあって、テンポが良くてノりやすくて、健人くんがハマってる(?)ラップも入ってたし、曲の構成展開が震える程最高なんだよね…!!早く細かい音まで堪能したい…!!
ほんと思わず踊り出したくなっちゃう、水着持って海に駆け出したくなっちゃう、そんな曲!!
きっと健人くんが憧れている「夏の海の青春」が全て詰まっているような、そんな曲!!
この曲が持つ輝きがすっごいの!!!!!

この曲のイントロ部分で「このコンサートの為にハニーにプレゼントを用意してきました!」って言っちゃうケンティーがね…最高すぎたんですよ…歌詞がまさに今回のソロコンに向けて作られたんだという内容でさ…。そんなん言われたらこちらもバタフライが映えるように盛り上げるしかないじゃんねぇ…!!
「Hey!」「Yeah!」って掛け声でその大切な曲に参加できる所があったのが凄く嬉しかった!!

あとは!ダンスが全体的に良かったんだけど、特にサビのフリが歌詞に合ってて可愛くてすごく好きだった!!手のフリが印象的で、手で蝶々を作ったり、アロハ~なお手手で「シャッララ~君をずっと~♪シャッララ~見つめてるよ~♪」ってフリフリさせるんだよね…!!(手を合わせて蝶々のようにパタパタさせる時の岸くんが目にはいった時に、その大きな手でひらひらというよりはふわふわとしていてそれが凄く印象的。)

あとはあとは!大サビ前でジュニアとトライアングル的な感じで密集して魅せる所があったんだけど、その密集して見せてくる感じも迫力があってすっごくよかったんだけど、個人的に印象深かったのが、密集する為にジュニアの方にくるっと健人くんが後ろを向くタイミングで目の前に岸くんがいて、岸くんに笑いかける健人くんと、そんな健人くんにニッコニコの笑顔で舌をベーってする岸くんの構図が凄く好きで!!それがほんと良い先輩後輩の関係性が表れてて!!あの場面・あの瞬間だけはわたしの心のカメラでシャッター切りまくったし、わたしの心の中の思い出アルバムの良い位置にその時の写真が収められているよwwwもう目に焼き付いて離れない…!!(大サビ前にジャンプしながら舌出す瞬間の健人くんもわたしの心のシャッターで(略))

そうそう、ケンティーの衣装も最高だけど、バックジュニアの衣装も大好きなやつだったーー!!ケンティーとジュニアが揃うと、絶妙なファンタジー感と、アーティスト感と、アイドル感が出てて!!!

最後のまとまって踊る感じがわっくわくするやつだったなぁ。みーんなニッコニコの笑顔で固まって踊るんだもん!!わたし最後の所だったら踊れるよ!!
最後にね、ケンティーバタフライの手で蝶々がパタパタ飛んで、その時の健人くんのきゅるるん顔が!!たまらなくかわいいやつで!!!ねっ!!!!!(落ち着いて)

今回のコンサートでも複数回披露された新曲「Hey Summer Honey」がね、本当にとても素晴らしかったんだ。この歌詞は聞けば聞くほど今回のソロコンサートに向けて書かれたものなんだなというのが分かって、曲を聴くといつでもあの空間に戻れる気がしている。その中でひとつ、気になった事があるので記載すると、「Hey Summer Honey」には「君と秘蜜の恋咲かそうmidnight」という歌詞がある。そこはmidnaightじゃなくてnightではないのか?どうしてmidnaight?と少し不思議に思った時に浮かんだのが、春頃に薔薇日々で千葉雄大とお誕生日会?をした話。当時ファンを少しざわついたあの一文「春に差し掛かる真新しい空気を感じながら コイバナという桜を咲かせ」という言葉に少し通ずるものがあるのか?と感じた。薔薇日々を読んだ当初もこの一文がどうにもポエムっぽいと感じていたのだが、「コイバナという桜を咲かせ」から「君と秘蜜の恋咲かそうmidnight」で、ここからあの歌詞が生まれたのなら、本当に健人くんは最高だなと思う。確かこの千葉雄大との会合は深夜3時頃までやっていたと語られていたからこその、「midnight」チョイスなのではないか。いや、そうだといいなという期待を込めて(恐らく考えすぎだとは思っている)(ここの文は妄想なので後で消すかも)

 

 

~最初の挨拶&花言葉のコーナー~
バタフライからハニーへの初めての挨拶と、このタイミングで岸優太くんを呼んで本日の花&その花が持つ花言葉を紹介。「花にはひとつひとつ意味があるんだ」と言って花言葉を紹介してたその流れが毎回新鮮だったなぁ。恋のABOのイントロが流れる中で、今日の花言葉にかけた甘いセリフを言う健人くんがラブホリ先輩+黒崎くんな感じで凄くよかった…!!!!

 


06.恋のABO/NEWS
AメロBメロは主に岸くんがメインで歌ってて、サビ前にポップアップで飛び出してくる健人くん、アフロをかぶってサングラスして「どうも~、パーフェクトバタフライで~す」と気だるげな登場wもうこれがね完全にパーフェクトヒューマン意識で!!流行に乗りたがりなケンティーがただただ可愛いw踊りも謎のしゃかりきっぷりがwすっかりモンシロさんになりきってるwwww
ABOはサビの歌声がのびやかで!!!その綺麗にのびやかに出た歌声が大好きだったなぁ。

 


~モンシロさんと梶くんによる「黒崎くん」コーナー(06からのモンシロさんコーナーからの07)~
舞台はクラブ「バタフライ」、そこにはクラブ「バタフライ」のNO.1であるモンシロさん(ケンティー)と、そんなモンシロさんを取り囲むジュニアの子達がわらわらと。みんなアフロにサングラスで揃えていたのがなんとも可愛らしかった。そんなクラブ「バタフライ」に迷い込んだ岸くん?梶くん?が、「ハニーフレーズ」という甘いセリフを言う事でキャーキャー言ってもらえるように先輩を見習って頑張るッス!というコーナー!(説明雑)
前半戦では岸くんもケンティーも全体的に駆け足でクラブバタフライの設定説明を言ってて、ああそこはもう少し落ち着いて言うともっと良くなるのに…!って思ってたら、後半戦ではそれが見事に解消されててこの小コント(おやっ)が凄くいいものになってた!!モンシロさんのバックについてるジュニア達の掛け声のタイミングとかも後半では少しアレンジ加わってた感じだったなぁ。こうしてステージで良い変化・成長が感じられると、ステージは生ものだと思うし、その時しかないし、だからこそいつ入っても新鮮に面白いんだよなぁと思える。
で、まぁ、岸くんは一生懸命頑張るんだけど頑張った結果のハニーフレーズはファンからはブーイングされちゃうしw、それをケンティーが華麗にフォローしたり、その日に選ばれたジュニアの子が代表してハニーフレーズ言う時とかに待機してる健人くんが一人爆笑してたり、なんかどこを切り取っても暖かくて、誰も傷つかないようなコーナーだったなぁ。あ、いや、謎に一発ギャグ的なのやらされて毎回会場からの失笑をかっさらっていった岸くんだけはこのコーナーでメンタル削られたかも…?w

 

で、そのコント的な一連の流れが終わると、
岸(梶)「そういえばなんでアフロ(カツラ?)かぶってるんですか?」
からのケンティーがアフロバサァァァァア取って
梶(岸)「黒崎くんじゃないですかああああ!!」
黒(健)「上出来だぞ、梶!」
のやり取りが生で見れただけで大満足ですありがとう健人くん…!!!!

 

後半戦ではそのアフロバサァァァア前に、
岸「なんでアフロ(カツラ)かぶってるんすか?!」「いや、健人くんのさらさら地毛が前から出てるんすけど…」
との岸くんからの問いに
健「ッ嘘?!」
と言ってモニターに映る自分の姿を確認したくて思わず後ろを振り向くモンシロさんw
でもカメラは正面から撮ってるから、健人くんが後ろを振り向くとものの見事にアフロの後頭部しか映ってなくてwえっケンティープロなのにそんな凡ミスしちゃうの?!可愛い…!!とわたしは一人で悶えてましたw
そしてそれに対する岸くんが「ああもうそっち向いたらカツラじゃないですか!」って焦っててwwwwww
随所から良い関係築けてるように見えたよ、岸くんと健人くん!!

 


07.Make my day/Sexy Zone
今回のサマパラグッズのタオルをサビで振り回すメイクマイ、何度見ても振り入れしなかった事が悔やまれるけど、健人くんがほんと大切そうにそして楽しそうに披露してたからもうなんでもいいやー!ってタオル控えめに振ってきたwメイクマイは曲が最高にポップでウッキウキしちゃうよね!!!バックジュニア達も楽しそうで◎

 


<チビジュとの和気藹々コーナー(08~09)>
08.スキすぎて/Sexy Zone
09.ぶつかっちゃうよ/Sexy Zone
黄色衣装のチビジュ達(20人ぐらい?)と健人くんがわちゃわちゃしててただただ可愛いしかなかった。ケンティーの引率の先生感w
ぶつかっちゃうよのイントロでは「好きだよ、ばーか」って気だるげに言ってて、ああ健人くん大人になったなぁ…と謎に感じたり。合間合間でセクゾ曲入れてくれるのがさすが中島健人だよなぁ…!

 


10.カレカノ中島健人
ギターを抱えたカレカノじゃなくて、踊っちゃうカレカノなんですよ今回は!!!!
なんで今回は踊ったんだろう?!?あの可愛いフリはどこからやってきたんだろう?!?最高だよね最高だよね!!!!!
その振付がまたどこかコミカルでお茶目でキュートで、なんだろうなー、小学生とかがかっこつける時にする戦隊ヒーローのポーズみたいな?wそんな可愛さあふれる振付がが最高だったんだよねぇ…!!!カレカノラブピース!!!!!

 

 

<主演作品の主題歌コーナー>
11.BAD BOYSSexy Zone
12.君にHITOMEBORE/Sexy Zone
後ろの画面に、バドボはドラマだったかな?君米はPVの映像を流して、歴代主演作品の主題歌メドレー!!!
バドボは動く階段の上まで登ってロックなケンティー、君米は下のステージでジュニア達と踊ってて。ケンティーを中心に出来るトライアングルが最高でした…!特に君米は丁寧に歌い上げてて、そして元フリそのままに踊る健人くんが最高にセクシーで。ああこれが今の君米なんだなぁ!と、そんな健人くんを見て大感激したなぁ。目の前で香水スリスリダンスしながら少し流し目でお色気ムンムンなケンティー見た時に、ああこの子はほんと曲によってきちんと表情を使い分けられるんだなぁって感心したし、そのあまりの色気に目が心臓がやられるかと思ったwここでもわたしの心のシャッター(略)

 

 

~MC~
MCは最近のお仕事の話がメインだったかな?アブナイ夜会、MUSIC DAY、ほん怖とか?
前半戦では告知感があったしどこか淡々とお話していて、去年の甘々でデレデレな健人くんがいてくれるのかな?って思ってたからどこか拍子抜けしちゃった部分もあったんだけど、後半戦ではこれまでの楽しかったお仕事の思い出話をしてる等身大のケンティー感が出てて、ああわたしの大好きな健人くんお帰り!感が凄かった……。

印象的だったMC、というか、言葉がたくさんあって。仕草もあって。ニュアンスになっちゃうけど書いておこう。(随時追記予定、予定は未定)

・健「みんな楽しい?」
\楽しいー♡/
健「俺はケンティー?」
\ケンティー♡/
健「みんなケンティー?w」
\ケンティー♡/
健「ハニーバタフライへようこそ、ケンティーです♡」
このC&R、わたし待ってたよ…!

・MCタイムでいつも以上によーく水分補給して汗も拭いてて、座ったままの状態でさて話し始めるのかな?ってタイミングで「今回のね…、……ちょっと待って!」と言っておもむろに立ち上がって、後ろを向いて少し歩いて2.3回深呼吸してたのがとても印象的だった。少し上を向いて腕を適度に広げて、深呼吸じゃなかったのかもしれないけど、ひと呼吸おいて。えっケンティーどうしたの?と少しざわついた会場に、定位置に戻ってきたら「今のはどういう意味?!って感じだよねw」っておちゃらけて濁してたけど、しっかり自分のタイミングで話し出そうとする健人くんが最高に好きな健人くんだった。

・前半戦が終わった2時間後にはGC24のお仕事インしていたという健人くん、2時間前まで「ヘイハニー!」とか言ってたのに、気付いたらGC24の守くんとして真面目な本読みしなきゃで、その切り替えが難しくて大変だったって言ってた。「切り替えが出来なきゃジャニーズじゃないなって」そうだよね、そうやって頑張ってるんだよね。

・「〇〇なんだよ、マジで!」シリーズ(今の健人くんの中の流行りかな?w)
①君米での曲中のセリフ「好きなんだよ、マジで!」
②最初の衣装のジーパンのベルトがゆるかったみたいで、ずっと落ちないように何度もずり上げて頑張ってたんだけど、MCタイムになった瞬間に「(ズボンが)落ちるんだよ、マジで!」(この声がきゅるるん声でほんと可愛くて吐血)
③健人くんがアイディアを出した、ソロコンのオリジナルグッズ「モルフォ.K」。バタフライ型のイヤーカフなんだけど、みんなつけてる?どう?!と聞く中で客席から「売り切れで買えなかった~~」の声に本当に嬉しそうに「…マジかよ、マジで!w」(これもまたきゅるるん声で(略)

・MC終盤では着ていたジャケットを脱ぐ健人くん。脱ぎ終わったらインに着てた白シャツが膝丈あって。前半戦ではまだGC24の守くんになってなくて、長く耳にかけた前髪、横顔、膝丈までの白シャツ。どこかアンニョイな雰囲気も相まって、言葉を失うほど、立ち姿が美しかった。健人くん、ほんと綺麗だった。性別なんてものが吹っ飛ぶぐらい超越した美しさだった。人に対して綺麗だなんて滅多に思わないけどあの時の健人くんは本当に本当に綺麗だった。ステージ上の光を全て吸収して体内から放出してるようにそこで光り輝いていた。儚さ、透明感を感じる美しさ、あれは底を知っているからこその輝きだ。ステージの光を吸収して発光してたよケンティーは。

MUSIC DAYジェロマの件に触れてたけど、みんなでキンキの元振りをしっかり踊れた事が楽しかった!!夏のかけらが始まってもジェロマのステップ踏み続けたかった!!って言ってて、なんとも言い難い気持ちになってしまった…ほんと楽しかったっキラキラした顔で話してたんだよね…。

・こないだばーちーと誕生日会やったんだよーって話してて、ばーちーはひと言ひと言がほんとばーちーで「もう家売っとけ〜〜〜!!!」って例のIKKO風でさり気なく(?)番宣してくれててw黒崎くん通して育まれた千葉くんと健人くんの友情関係って素敵だなと改めて感じてしまったよ。

・健人くんの、重岡くんとのメール(LINE)トークルームの背景は、去年のサマパラでステージ上から2人で撮った自撮りのツーショット!!!けんしげえええ!!!

・ジャニーズWeb内での健人くんのコーナー「Ken Tea Time」みんなはいつ見てるの?夜寝る前?昼食の時?朝?ねぇいつ?って問いかけに会場からそれぞれの見てるタイミングが飛び交って「いや、わかんないwクフフ」ってちょー楽しそうな顔してた!わざとだよね健人くん!wああでもケンティータイムの更新は楽しみにしているし色んな景色な言葉で楽しませてね!!!!

 


<弾き語りコーナー>
13.ディアハイヒール/中島健人
「みなさんの心に、この歌が残りますように」で始まったディアハイヒール。フルで弾き語ってた。わたしは正直これまでディアハイには思い入れもなかったんだけど、感動してボロボロ泣いた。弾き語りって凄いよね。すごくすごく、心に響いたよ。健人くんが弾き語る周りでは、軟体さとしなやかさと力強さを全て含めたコンテンポラリーダンスを松田松倉高橋の3人で披露して、それを見守りながら弾き語る健人くんの構図が最高で…。

14.らいおんハート/SMAP
そしてこれで更に泣いた。らいおんハートの次の曲が始まってもしばらくは涙がひかなかった。らいおんハートは前半戦ではやってなくて、後半戦になって急遽追加された曲。「ボクがずっと大事にしている曲、心から好きな曲を歌いたいと思います」と言って、等身大の中島健人で歌ったらいおんハート。表情も作らず、凄くシンプルに”心で”歌い上げていた。本当に、この曲が好きで、大切で、その気持ちだけで、それ以外にはなにもなかった。汗でステージメイクが少し落ちて、そのリアルな肌質とか、力を込めすぎてない純粋な目とか、最後鍵盤から離れる指先の綺麗さとか。歌ってくれてありがとう。

 

 

15.Mr.Jealousy/中島健人
13、14の弾き語り時に、ピアノの上に置かれたキャップ(青いストーンでKの文字があったかな…?)と黄色い薔薇(黄色い薔薇の花言葉は「嫉妬」)、キャップをかぶって薔薇を握りつぶして、ため息からのジェラ男きたあああ!!!!!!
どこかストーリー性のある演出が凄くツボで、ソファや椅子、電話、なんかこうニューヨークの雑居ビルとかクラブハウスとか、そんな空気感が曲に最高にマッチしてた。途中でジュニアがケンティーをかつぐ所が何度見ても大好きで大好きで。「NA~NA~NA~、NA~NA~NANA~♪(HEY!)」のHEY!で照明が一瞬白く光るあのタイミングが大好きで、いつもその瞬間にペンラ上げてたなぁ。ミスジェラは正直どうノればいいんだろう?ってずっと思ってたけど、今回のソロコンで、その演出を見て楽しめばいいんだ、リズムにノリたいならそれもアリなんだ、っていう自由さを見つけられたのが個人的収穫かな。当初はキャップかぶるケンティーが見慣れなかったけど、このソロコンでは凄く似合っててよかったなぁ。かっこよかったなぁ。

 

 

 

…今回はここまで。

(えっ?!?!めちゃくちゃ長くない?!??(動揺))

 

次回に、続く?