読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆめのかけら

ついに岸くんの沼に落ちた。@ki_tuuu

作詞:佐藤勝利をただただ愛でる

基本的に健人くん健人くんしているのでなかなかSexy Zoneの他メンバーの詳細を追えないのですが、そんな中でも佐藤勝利くんの言葉には時にはっとさせられ、深く心に刺さる事が多いので、彼の言葉には注目しています。特に勝利くんの作詞がセンス良くとても素敵で、そして、ただただ可愛い。歌詞を作る上では曲ありきで詞を書いているのかそれとも歌詞を作ってそれに合う曲をチョイスしてすり合わせを行うのかとかなんかこう作詞活動におけるあれこれを知りたいってぐらいには勝利くんの歌詞が好きだったりします。

そこで今回は私が好きな勝利くん作詞曲から好きなフレーズをあげていき、個人的解釈と共にただただ絶賛していきたいと思います。勝利くんを愛でるターンです。すみません。
(お前なんでケンティーでやらんのじゃ!とツッコまれそうですが、ほんと今は佐藤勝利くんのターンなんですごめんねケンティー。)
(ちなみに以下記載していませんが、勝利くんのソロ曲では「好きだよ」が大好きです。)

 

『キミのため ボクがいる』
(3枚目のシングル「Sexy Summerに雪が降る」に収録。)

繋いだ手を 離さないで
勇気が消えちゃうから
そばにいて欲しい 笑顔を見せて

君がいる 僕がいる ただそれだけで世界は
無限大カラー 色づいてく

つないだ手を離したら勇気が消えちゃうって!!!なに!!!!!!!
ねぇ勇気が消えちゃうってどういうこと!!!!なにそれ可愛すぎる!!!!!
というか勇気って消えちゃうの!?!?ねえ!?!ねえ!!?!(落ち着いてください)
ここで出てくる「無限大カラー」って言葉が凄いんだよね。カラフルよりもカラフルなのかな。なんなんだろう無限大カラーって。歌詞を通して読むと、まるで「あなたがそこにいてくれるだけで、世界は彩られるんだよ」「あなたは世界から必要とされているんだよ」って言われているみたいで深い。一人一人が欠かせない存在で、個々がそれぞれのカラーを出していて、だからこそ無限大に色鮮やかになるんだよね。凄い深いよ勝利くん…!!!そうそう、この曲って2012年10月に出てて、で、この曲を作詞したのが当時15歳の勝利くんなんだよね。f:id:RiSA_JNZ:20160417000121j:plain15歳って言ったらこんな感じか…。これは確かにつないだ手を離したら勇気が消えちゃいそうですね。才能溢れる15歳すぎて怖いよほんと………!!!(そして右下ワイプに映る現在の勝利くん(19歳)の表情がなんとも…!!)

 

『きみを離さない きみを離れない』
(1枚目のアルバム「One Sexy Zone」に収録。)

オレンジそらになると 焦ってる自分がいる
きっと寂しいから
夕日は寂しくないのかな 見えなくなりそうだよ
でもまた陽はのぼる

「オレンジそら」って凄い可愛い。
夕方になると焦っちゃう気持ちわかる、幼い頃思い出すよね、可愛い。
焦っちゃう理由を「寂しいから」っていうの、きっと遊んでた友達とバイバイしなきゃだからかなとか考えたら幼少期の勝利くんが浮かんでほんと可愛い。
そして夕日の心配までしちゃうの可愛いが過ぎる。夕日が見えなくなりそうな事に寂しさ感じちゃうのも可愛いけど、自分の前から姿を消しちゃう夕日は、その事を寂しく思わないのかなって考えるそんな勝利くん可愛い可愛い。
でもまた陽はのぼるからまたお日様にも友達にも会えるんだよね可愛い。あああ可愛い可愛い。この曲は抽象的な表現が多くて意味がよく分からないっちゃ分からないんだけど、曲を聞くとぎゅぎゅっと切なくなるんだよね。そして中毒性がある。ほんと好き。どんねばぎみーらー!

 

『おなじ空の下』
(5枚目のシングル「バィバィDuバィ〜See you again〜/A MY GIRL FRIEND」に収録。)

そこからふりかえってごらん
右が左で 左が右になるね いつだって
「頑張って!」とあなたに言う事なんてしないから
No More! 僕は信じて 一緒にいるよ おなじ空の下

これがまた深い歌詞なんだよね。
この視点すごいなぁって。
こっちから見たら右と左に見えるものも、反対側から見たらそれが逆になって見える。
当たり前だけど、そういう所に気付けるって凄い。見方を変えれば世界も違って見えるんだよね。だから目の前で何かあっても、違う観点から見たらまた違って見えるから、見方を変える事で気持ちの持ちようも変わるよって事なのかな。そうやって自分がこれだ!と思った道に進めばいいって事なのかな。この歌詞凄い良いんだよなぁ…。
そして頑張ってって言わないっていうのもね、凄く勝利くんっぽい。あったかいんだよねそれが凄く。
相手が頑張っててそれを知ってるからこそ、そんな言葉がなくても相手が頑張ることを分かってるからこそ、の、それだよね。
それでも「僕は信じて」って言うのがほんと可愛い。信じる、じゃなくて、信じて。この曲の他の部分では「信じる」って言ってるのに、ここでは「信じて」なんだよね。あなたが頑張る事、それをやり遂げる事を信じているんだよね。「信じる」だと自分の中で完結しちゃうからなんとなく表面上っぽく聞こえどけど、「信じて」だと相手にゆだねてる感じがするんだよね。あああ上手く伝えられない…!おなじ空の下は、いつ何度聞いてもほんと良い。

 

『Everyday love you』
(10枚目シングル「カラフル Eyes」に収録。)

さりげなく手握ってあげたい

このワンフレーズに勝利くんの優しさと思いやりとあったかさの全てが詰まっててほんと歯がゆくて可愛い。
こういう繊細な感じなんだよね、勝利くんのイメージって。
これ両思いの曲なのかな?(あれ、そうだよね…?)お互いその気はあるのにまだ初々しくてどこか照れくさい2人の関係が目に浮かぶようで、歌詞のストーリーとしては”映画一緒に行く?(行く行く!)ホラー映画で怖いけどずっと見続けていたいよ!ねぇ、僕とずっと一緒にいてくれる?(いいよいいよ!)じゃあ海沿い歩いていこ?手つなご?”みたいな(おい)。そんな中でも勝利くんは「手握ってあげたい」なんだよね。手を握りたい、じゃなくて、手を握ってあげたい、なの。ほんとは勝利くんが握りたいんじゃないの?違うの?どうなの?!?そして「さりげなく」ね!!!!そう、「さりげなく」なんだよね!!!!!大切だよそのさりげなさ!!!!!ホラー映画見てるからさりげなくなのかな?!?!ねえどうなんだろう!!!!あああ可愛いよ勝利くん!!!!!!(落ち着いて)

 

ああ勝利くん可愛い。勝利くんの歌詞ほんと素敵。今後も勝利くんの作詞曲に注目していこうと思います。お目汚し失礼いたしました。